FC2ブログ
2017/01/23

アラヤ マディフォックス レストア

アラヤのマディフォックスのボロ車をレストア中です。

ほぼほぼ仕上がってきましたが、問題が出てきました。

シフターはDEORE DXというすでに廃盤のものがついていますが、

どちらが、フロントか、リアなのか、

どちらが、アウターなのか、インナーなのか、

トップなのかローなのか、

それさえも素人にはわかりません。

一度分解してしまったのがイケなかったのか、、、

ギアは前3枚の後ろ7枚なのですが、

シフターは、カチカチカチ??4段?

もう片方も、カチカチカチカチ??5段?

まったくもってわかりません。
スポンサーサイト
2016/12/16

スパニッシュチェア ヌメ革のお手入れ

我が家に唯一ある、高級しっかりした家具スパニッシュチェアと、
このチェアに使われているヌメ革のお手入れについて書いておきたいと思います。

FREDERICIA(フレデリシア)2226 THE SPANISH CHAIR(スパニッシュチェア)オーク材・ナチュラルレザー

価格:594,000円
(2016/12/19 21:36時点)



その前に一つ、ほとんどの方はご存じかと思いますが、
皮と革の違い。

皮は皮膚のことで、例えば、生きている動物の皮膚そのものなどを指します。
焼き鳥屋なんかで、「かわ」を感じで書くと「皮」になるでしょう。

対して革というのは、人工的になめして、
人間が利用できるように加工した皮のことを指します。
靴やソファに使われている素材のことを書くには、「革」となります。

私の知識ですので、詳しくwikipediaや国語辞典などで検索してみてください。

今までは、レザーマスターのメンテナンスキットを使用していました。
掃除用のクリーナーと、保護用のクリームが一体になったセットです。

レザーマスター Leather Master 250 LM250 レザーケアキット 皮革専用レザークリーナー・クリームセット 250ml ★楽天最安値挑戦★あす楽★ soft cleaner 250ml protection cleaner 250ml お得セット

価格:5,616円
(2016/12/19 21:38時点)
感想(10件)



しかし、年に1~2回のメンテナンスなので、そこまで量が必要なく、
保管していると、クリーナーの液体にカビが生えてしまったことと、
ヌメ革のひび割れの進行を少しでも抑えられるようにできるものを探したところ
サフィールのデリケートワックスにたどり着きました。

ヌメ革など デリケートレザー保湿クリームSAPHIR(サフィール)デリケート クリーム 50mlあす楽対応

価格:1,080円
(2016/12/19 21:41時点)
感想(16件)




日本では、老舗のコロンブスが有名ですが、
海外では革靴のクリームと言えばサフィールというほど有名なそうです。

靴クリーム コロンブス Columbus デリケートレザークリーム 通販 保湿クリーム レザー 革 手入れ バッグ 靴磨き 靴 靴クリー

価格:860円
(2016/12/19 21:42時点)
感想(5件)




さて、使用感ですが、さらっとした感触で、
クリームというよりは、乳液という感じでした。

全体に軽く水拭きをして、
ファイル_001
ファイル_003
ファイル_008
ファイル_000
ファイル_002

効いているのか、あんまりわからないですが、、、
頑張れスパニッシュチェア
一生モンやって聞いてますよ!

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ
2016/12/15

子ども用自転車の修理vol.4

子ども用自転車の修理、第4弾です。

嫁さんより、「新品同様」という要望がでましたので、
全塗装をするしかありません。

塗装の知識は全くありませんでしたが、kino師匠のブログを閲覧することにより、
どのような作業が必要かは大体イメージはできています。

まずは、塗装食いつきをよくするために、下地を塗ります。

わたしはアサヒペンのプラサフという下地材を使用しました。
プラサル
IMG_3961.jpg


スプレーを行う際のコツですが、
ある程度、中身の温度は上がっているほうがいいようです。
IMG_3962.jpg

私は11月ごろに塗装を行いましたが、
外に置きっぱなしで、噴射を行うと、あまり噴射の勢いがありませんでした。

これはよくないと思い、スプレーを湯せんしてあたため、
スプレーを試しましたが、今度は勢いが強いだけで、
肝心な下地材が噴射されていないような感覚がありました。
IMG_3958.jpg



私敵に一番きれいにスプレーできたなと感じたのは、
ズボンの中に入れて、人肌で温めたスプレーを噴射した時です。
温度にすると30℃ちょっとぐらいでしょうか。

また、一度スプレーするたびに、なるべくシャカシャカと缶を振り、拡販することを意識しました。
その後のカラースプレーと比べても、プラサフはその作業が特に大事で、
少しさぼると、すぐに出が悪くなる感じがありました。
参考までに。
IMG_3960.jpg


プラサフは人によると、「ごく薄いパテを塗っている」というぐらい、
吹いていると、全体が平滑になり、きれいになった感があって、とても気持ちがいいです。
IMG_3957.jpg


マンションで行うにはかなり臭いですが、きれいになったものを見ると
達成感があるので、ぜひまた機会があれば行いたいと思います。
IMG_3959.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ
2016/11/27

子ども用自転車の修理vol.3

子ども用自転車の修理が進んでいます。

なぜなら、子供がかなり自転車に乗れるようになってきたから、

急いで準備しないといけません。

練習はいつも近所の公園の共用の自転車を貸してもらって練習をしています。

「子どもが乗れるか、父ちゃんが修理するかどっちが早いか競争な」
と言い放った手前、

それをモチベーションに頑張ってくれていると信じて、こちらも負けているわけには行きません。

最初はサビを取って、回転部分だけ問題なくすればいいかと思っていたのですが、
嫁から「新品同様」との注文が出たので、

少し軌道修正が必要になりました。

「新品同様」の状態にするために一番ウェイトを占めるのが、塗装です。
今日は、塗装の下準備まで行いました。

IMG_3955.jpg
全体的にやすり掛けを行います。
IMG_3954.jpg
家具と違って、立体が多いため、すこしずつちぎってやすりをかけました。
IMG_3954.jpg
ウレタンの塗膜も削ってしまいたかったのですが、塗装の際にあまり削れていなかったことに気づきます。
IMG_3953.jpg
時すでに遅し。
IMG_3952.jpg


古い塗装を紙やすりで研磨したり、
転倒して傷ついただろう、鉄部の削れた箇所を平滑にしていきます。

最初は80番で磨き、最終的には、240番で磨きました。

自転車の塗装は、自動車と同レベルのウレタン塗装を使うらしく、

少し削っただけでは、表面のウレタン塗膜を削っているだけで、

なかなか内部まで到達しませんでした。

これだけで数日の夜間作業・・・

後はいよいよ塗装の行程にはいるため、
天気のいい土日を狙って、塗装ができるよう、平日の夜中にシコシコ作業を進めます。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

ライフスタイル ブログランキングへ


2016/11/12

子ども用自転車の修理vol.2

子ども用自転車を引き続き修理しております。

IMG_3841.jpg

リアハブの画像ですが、これぐらいサビが回っています。

ここを含め、回転部分には、自分のcannondaleロードバイクにも使っている、

シマノのプレミアムグリスをぶち込んでやりました。

y04110000_1.jpg


ハブのキャップを閉め、ベアリング機構の部品には必ず必要な
玉当たりの調整を行います。

ガタが出ない、締めすぎない、ぎりぎりのラインを狙って、
締めたり、緩めたりを繰り返します。

おそらく、しばらくはメンテナンスすることもないので、
多めのグリスを注入しておきました。

玉当たりの調整の際に、少しグリスが漏れてきますが、
そのもれてきたグリスも茶色。。。
サビが取り切れていなかったようです。orz


あとは、少し自転車整備のワンポイントをご紹介。

屋外で自転車を保管していたり、雨の日に乗ると必ず水にさらされる、

ヘッドパーツの六角ボルト。ここに水がたまることが多く、サビもよく見られます。

子どもの自転車もこの通り。

ここのサビは取りにくいし、目立つんですよね~

IMG_3945.jpg
バッチリ錆びています。

これをきれいにするには、kino師匠もやっておられる、

電動ドリルに、ほつれさせたワイヤーを装着し、それを回転させてサビを削るという方法。

「kinoの自転車日記」 ボルトのさび落とし

私も参考にさせていただき、やってみました。

IMG_3947.jpg

ワイヤーの先はほぐし、満遍なく削り取れるようにします。

私の場合はインパクトしか持ち合わせがなく、ワイヤーを挟めませんので、

ドリルチャック用のアダプターを使用しています。

これで削り取ったアフターがコレ。

IMG_3946.jpg

完全にピカピカにはなりませんが、

取りにくかった箇所の錆びがとれて、気持ちいい~

整備している感があり、すごくいい作業だと思います。

自転車にはありがちのサビだと思いますので、電動ドリルやインパクトをお持ちの方は。ぜひお試しください。

錆びを取り終わったら、綿棒で掃除して、

その後もまた綿棒で、潤滑剤や、グリスを薄く塗りこんでおけば完璧だと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

シンプルライフ ブログランキングへ

シンプルライフ ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。