FC2ブログ
2016/10/07

GO OUT CAMP 2016/10/1-10/3

行ってきましたGO OUT CAMP@ふもとっぱら。
goout.jpg

富士山が見えて広々としたお気に入りのキャンプ場で行うフェスの天気は・・・

雨!

今年の2016年の9月はほとんどが雨(関東では晴れの日は4日だけ!?)という

最悪のコンディションでした。

子どもはどろんこが大好きなので、ぐちゃぐちゃのところに入り、

遊び疲れたら「だっこ~」なので、父ちゃんのノースフェイスのレインウェアもドロドロ・・・

次男はまだしっかり歩けないので、常にだっこひもにインというタフなキャンプフェスになりました。

ただ、やっぱりフェスは楽しくて、ほんの少しの時間ですが、子供も楽しんでくれているようでした。

子どもが気に入ってくれたのは、DWニコルズ。



G.W.ニコルズ「ハッピーラッキーデイ」



G.W.ニコルズ「フランスパンのうた」



G.W.ニコルズ「GO OUT CAMPのテーマ(仮)」

あと、すごく感心したこと。スタッフや運営の経験値があるな~と思いました。

というのは、入場前の車内での待ち時間の対応についてです。

後でわかったことですが、会場内のオートキャンプエリアは長雨の影響か、かなりぬかるんでいて、
4WDの車でも、滑っていて、二輪駆動の車はほとんどがスタッキング。

我が家の「わ」ナンバー カローラフィールダーももれなくスタッキング。
(近くの方に押して助けていただきました。ありがとうございます!)

会場内はこのような状態で、場外に待機している車も時間とともに増えていったのですが、

入り口前の広場に、入場待ちのプールを作り、
到着順にきちんと案内されているのがわかったので、
あまりストレスなく待つことができました。

欲を言えば、その状況を順番待ちの後ろのほうまで、放送で流してくれると、
安心できて、百点満点だと思います。
ああいう状況での大衆心理は不安定で怖くなります。。。
もし、ひとりでも、我先にと動き出したら。。。


待っている間に車を降りて前のほうを見に行くと、
旧型のMINICOOPERの集団も見ることができました。
フェスでは有名なサークルのようです。
息子も「あ、みにや。」「またみにや。」「またみにや。」と言って驚いていましたわ。

1日目はずっと小雨でなかなか不安な状態でしたが、

2日目の朝少しだけですが、富士山が見えました!

これだからふもとっぱらはいいですね~

ぜひまた来たいと思います。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村


シンプルライフ ブログランキングへ
スポンサーサイト



2016/08/02

フェスへの持ち物はレンタルがおすすめ!レンタルショップ3選

fes.jpg

フェスの道具はレンタルがおすすめ。

ゴアテックスなど、撥水機能のある生地は、専用の洗剤を使用するので、
自分で全部用意するより安上がりかもしれません。

ゴアテックスといえども、撥水機能は使用するたびに落ちていくので、
どんなに高いウェアを買っても、だんだん使用感が落ちていきます。。。

そんなところを気にする必要が無い点もレンタルはいいですね。
それでは紹介にいってみましょう。


登山道具のレンタルなら【やまどうぐレンタル屋】

☑レンタルの基本的な流れ
・ネットで予約
・3日前に宅配
・使用後は洗わずにそのまま着払いで発送
※新宿に店舗があり、実際に試着もできます。

☑商品ラインナップ
ザックを見てみると、モンベルが中心で、
モンベルが展開するブランド、ZEROPOINTのザックもあります。

ザックは実際に荷物を入れて背負った感覚も重要。
レンタルをして、自分に合っているか試してみるといいと思います。

ザックは全サイズ1泊2日3000円~3500円程度です。

また、登山用が中心で、「キャンプやフェスを楽しむ!」とは少し雰囲気がちがうようです。






富士山登山用品レンタルならそらのした

☑レンタル利用の基本の流れ
・気に入った商品をカートに入れる。
・仮申し込み
・在庫がそろった時点で折り返し連絡がくる。
・本申し込み
・返送
※送料は利用者負担となります。

☑商品ラインナップ
ザックを見てみると
 グレゴリー
 ドイター
 ミレー
 モンベル
 ザノースフェイス
 おスプレー
など、豊富なラインナップから選ぶことができます。
カラフルなものもあり、フェスにぴったりです。
登山でも、一味違うコーディネートができそう。

1泊2日で3000円~4000円程度。

また、こちらの特徴は、フェスやキャンプに必要なグッズをそろえているところ!
なんと、河口湖店頭受け取り限定ですが、マウンテンバイクも貸し出している模様。
DEOREのコンポーネントがセットされた自転車!ぜひ乗ってみたい!

というわけで、ファミリー用のテントや、コンロ、クーラーボックスなんかもラインナップされているので、
キャンプやフェスってときはこちらのお店がオススメです。







CAMP DAYS
ノルディスク

☑オススメポイント
なんと、おしゃれキャンプの代名詞、ノルディスクのアルフェイム、アスガルドがレンタルできる!
使ってみたい!
買うと結構な金額なので、一度試してみるのもいいかも。
もし、自分がテントを買う前だったら、絶対ここで連絡したな~。
スノーピークのファミリー用も一通りそれっているようだし。
フェスで見たおしゃれキャンパーも実はここで借りていたかも!?

☑商品ラインナップ
ここはザックはなく、キャンプ・バーベキュー用品が中心。
ファミリーやカップル、友達の集まりなんかにいいかも。
snowpeak.jpg



にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

2016/06/06

白浜フラワーパーク

先日は千葉県の南房総にある白浜フラワーパークにお邪魔してきました。
子ども
キャンプも楽しめて、海も楽しめるということで、
大人も楽しみ~です。

しかも今の時期(5月末)はキャンプ場のイベントで「蛍&海ほたる」を見られるイベントも楽しめるということで、
子どもにもいい体験ができるんじゃないかと期待大です。
自分自身も蛍を見られるなんて、何十年ぶりでしょうか・・・

到着して、先着順でサイトを選べたので、広めのサイトを確保して、一旦、周辺を散策。

熱帯植物園を通って、夏場に楽しめそうなプールを横目に海にでました。

海は岩浜で、波は楽しめませんでしたが、カニやヤドカリ、
水たまりに取り残された小さい魚がいたりと、それなりに見どころがありました。
ファイル_000

昼過ぎにはサイトが埋まり、にぎやかになってきました。
焚き火用の木材は、建築に使った端材がもらえるので、それを使用。

20時にホタル&海ほたるショーがあるので、植物園へ集合!
周辺の宿泊施設の方も参戦して、たくさんの人でにぎわっていました。

蛍の実物を見られたのは何十年ぶりかな。

ちょうど満月で、ランタンが無くてもすごく明るく、
久々に自然を感じる一日でした。

さて、みんなが寝静まった後は、たき火を見ながら、ひとりで晩酌。。。
と行きたかったのですが、水場が近かったので、蚊がいっぱい。。。
長男の坊主アタマが10か所近く刺されて、ボコボコになっていました。
かわいそう。。。

今年もデング熱が流行するんでしょうか。
下の子に移らなければいいけど。

何かの参考になれば幸いです。


・デング熱とは
ネッタイシマカなどの蚊によって媒介されるデングウイルスの感染症である。
比較的軽症のデング熱と、重症型のデング出血熱とがある。
~中略~
デングウイルスはヒト⇒蚊⇒ヒトの感染環を形成し、
日本脳炎ウイルスにおけるブタのような増幅動物は存在しない。
~中略~
予防に関しては、日中に蚊に刺されない工夫が重要である。
具体的には、長袖・長ズボンの着用、昆虫忌避剤の使用などである。
参考:国立感染研究所
URL:http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ta/dengue/392-encyclopedia/238-dengue-info.html

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村
2016/06/01

脱!初心者のキャンプ用品 仕入れ

続きを読む

2016/04/24

0歳児との初キャンプ

行ってきました!第二子を連れての初キャンプ。
相模湖プレジャーフォレストオートキャンプ場(パディントンベアキャンプグラウンド)です。
-shared-img-thumb-ANJ77_komorebichirari20141115142024_TP_V.jpg

長男(3歳弱)はソトナニ、ナチュラルハイ、普通のオートキャンプ場に行ったことがあるので、
特に心配はなかったのですが、次男(7カ月)は生まれて初めてのキャンプ、どころか外泊だったので
うまくいくかドキドキでした。

そのキャンプの一部始終と、よかったこと、失敗したことを次回のキャンプのためにも
残しておきたいと思います。

後半に失敗したことを書くと後味が悪いので、
前半に失敗したこと、後半によかったことを書きたいと思います。。。



【失敗したこと】
1.忘れ物が多かったこと
2.テントの張り方
3.撤収の仕方
4.長男の椅子がほしい
5.幼児は止まらない。

【よかったこと】
1.ホットサンドがうまい
2.調理台が便利
3.焚火はやっぱりいい



■失敗1 持ち物に忘れ物が多数。

キャンプは一度出発すると、その時点の持ち物で、帰宅まで生活しなければいけません。
その内容や組み合わせを考えるのも楽しく、
本来、キャンプや登山の際には、行程を想定しながら、容量に収まる範囲で、
無駄なく最小限の装備を準備していくのも、醍醐味のひとつと言っていいと思いますが、
今までのキャンプで特に大きなハプニングはなかったのと、
平日が忙しく、準備の時間があまりとれなかったので、完全に気が抜けてしまっていました。

今後の備忘録の意味合いも込めて、ダーっと書き出していきます。

・レインウェア
・傘
・虫よけスプレー
・ウェットティッシュ
・焚火用火バサミ
・クッションフロア
・子供用チェア

などなど。
これだけを見てもらっても分かる通り、完全にダメキャンパーですね。

天気予報は降水確率30%ぐらいだったかと思いますが、
かの有名な言葉「山の天気は変わりやすい」ということを
まったく忘れていました。

撤収時の雨という最悪の事態で、
何とか乾かしましたが、今もテントと使用2回目のタープは
泥のあとがついています。
次のキャンプの時にふき取りたいと思います。




■失敗2 テントの張り方

オートキャンプの場合、現場に着いて、
まずはじめにテントとタープの位置、
車をどこに停めるかを決めると思います。

今回の思考回路は
寝るときにつらいのはやっぱいややな。
できるだけ平らなところにしよう。
大体の位置を決めたら、そしたらまずタープ(レクタングル)の位置はこうで、
出入りの方向はこっち向きで・・・
そん次にテントはタープにちょっとだけかかるようにこの辺で・・・

とこんな感じで、一応計算して立てたつもりが、
やっぱり寝るときにテントに入ったら少し斜めで、
あんまり感覚を気にするよりも、多少傾いているかもしれんが、
草の上にすればよかったなぁと思って寝たのであります。

次回はあんまり気にせず、小川張りにも挑戦しよう。
そして、ベストな順番を知恵袋さんに聞いてみたところ、
  1. グラウンドシートでテントの位置を仮決めする。
  2. タープを立てる。
  3. テントをたる。
がよさそうです。また一つ勉強になりました。




■失敗3 撤収の仕方

1日目の夜から雨が降り出し、朝もシトシト降っていました。
チェックアウトは10時。
それまでに止みそうもなかったので、仕方なく雨の中撤収作業を始めました。

幸い、区画の区切りに大きな木が生えていて、雨を防いでくれています。
その下(土)で、テントとタープを畳み始めました。
その時は、あまりぬれずによかったな~と思って撤収したのですが、
後になって思い返すと、少し離れた草の上で、ビショ濡れ女子高生しながら
畳んだほうがよかったなと思いました。

なぜなら、家で干して乾いたテントとタープは泥の跡が・・・
雨具をもっていなかったせいもありますが、次回は女子高生で片づけたいと思います。

お向かいさんはグランドシートの上で畳んだりもしていました。



■失敗4 長男の椅子がほしい。

今回もっていったのは、ヘリノックスのタクティカルチェア

ヘリノックス HELINOX タクティカルチェア
価格:13824円(税込、送料無料)




ブルーリッジチェアワークスのチェア



だけでした。
長男はラジオフライヤーをひっくり返して、そこに座ってもらって
ご飯を食べてもらいました。

ヘリノックスから小さいチェアが出たらしいです。
耐荷重は80kgらしいので、大人でも大丈夫そう。
いい感じです。
値段が高いな~ あと、さすがに小さいので、大人だと立ったり座ったりがきつそう。。。

ミニサイズでお値段もミニ。耐荷重は80kgまでなので、大人も大丈夫です。


■失敗5 幼児は止まらない。

幼児は止まらない。元気です。
ゆっくりできるキャンプはまだまだ先になりそうです。



■よかったこと1 ホットサンドがうまい

ようやくよかったことですが、2日目の朝に食べたホットサンドがうまかったです。
家でも焼きたてのパン(普通の食パン)を食べているはずなのに、
外で食べるとなんでおいしいんでしょうか??
何を思いついたか、数日前に嫁さんが買ってきた、チャムスのホットサンドメーカー



子どもも喜んで食べてくれたのでよかったです。
またひとつ、フェスキャンパーから、ファミリーキャンパーの仲間入りをした気がしました。



■よかったこと2 調理台が便利

調理台が便利。いや、無いとかなり厳しかったと思います。
調理台といっても、エーワイカーサのカゴをひっくり返して、そのうえに板を乗せただけ。
でも十分役立ちました。
荷物運びにも便利だし、テーブルやいすにも使えるし。
今後も活躍してくれそうです。




■よかったこと3 焚火最高!
ようやく日の目を見た、ユニフレームのたき火台ですが、
晩ごはんの時は炭火で、焼き肉、
晩ご飯が終われば焚き火でまったり、
朝ごはんの時は、ホットサンドを焼き、
コーヒーのお湯を沸かし
と、今回一番働いてくれたと思います。

やっぱりよかった焚き火台。


こんな感じで夜も更けていくのでした。

IMG_3701.jpg






シンプルライフ ブログランキングへ