FC2ブログ
2017/05/25

金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん 
要点を書き出しますと、

  • 普通の人はお金のために働いて、一生を終える。金持ちはお金を自分のために働かせる。
  • ファイナンシャルインテリジェンスを身につける。
  • 会社を作って節税する。
  • 普通の人は恐怖にかられ、仕事をする。また、人生につつきまわされる。
  • 資産と負債の違いを理解する。
  • 資産とは売買しても値段が下がらないもの
  1. 自動的に収入を生み出すビジネス。
  2. 債権
  3. 投資信託
  4. 不動産
  5. 手形、借用証書
  6. 著作権、特許権
  7. その他
  • 普通の人は1年のうち、5月までは税金を払うために働いている。

などなど。
書いてあることは非常にシンプルで、
訳書でも理解は難しくありません。

ただ、「1年の半分近く税金のために働いている」という表現をされると、
さすがに考えるところがあります。

そしてその税金を合法的に節約する方法の具体的手順など、
ファイナンシャルリテラシーを使い、
お金を運用した実績が書いてあり、
再現性のあるものだと感じさせてくれます。

現在の法律や、日本ではどこまで通用するかはわかりませんが、
価値が過少評価されているものを見つけ、
また、価値を増大し、販売する。
この原則を気づかせてくれた本でした。

スポンサーサイト

シンプルライフ ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。