FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここに広告のコードを入れる
2016/06/22

湿度が高い梅雨時期のすぐにできるカビ対策

ここに広告のコードを入れる

YAT75_cafenoonesein.jpg

梅雨の時期はカビが生えないか気になりますよね。
漂白剤を塗って、ラップして、数時間待って、、、
という本格的な方法ではなく、すぐにできるカビ対策をご紹介します。

カビが発生してしまってからでは遅いですよ~
生える前に、生えにくい環境づくりを心がければ、快適に過ごせます。

虫歯とおなじで予防が大事。
痛くなってからでは、歯を削って、原因を絶つしかありません。
毎日過ごす家は快適に過ごしてください。

カビの発生する条件としては
 湿度が70%以上
 温度が20℃から30℃
 カビの栄養源があること
がそろっているとカビが発生しやすくなり、
また、増えやすくなります。

逆に考えると、この条件から少しでも遠ざければ、
カビが生えにくいと考えて大丈夫だと思います。

■まずお風呂。
換気扇24時間換気は当たり前。
使用後の水切りもあたりまえ。
予防としておすすめなのが、石鹸を使う前に壁面を一通り濡らすこと。
これをすることで、石鹸カスが残ることを防ぎ、栄養源を減らします。
さらに、終わった後に、壁面に水をかけること。
これで、育ちやすい"温度"になった壁面の温度を下げます。

あとはいつも通り、水を切って、できれば、ふき取り&換気。
これだけやればかなり抑制できると思います。


■あとは部屋。
以外に見落としなのが、寝室。
お風呂に入った後に寝るだけにしか使っていないからと
油断していると、カビだらけになります。

特に冬のケアが大事です。

ヒトが快適な睡眠をとるためには、
温度と湿度が必要ですが、
布団はそれを調整する役割を果たしてくれますが、
快適に眠れるよう、冬場は大量の湿気を蓄えています。
その証拠に、寝る前に少し、スマホを布団の中に入れてみてください。
すぐに結露すると思います。
1時間も入れておくと、水没状態になるのではないでしょうか。

それぐらい湿気をもっているので、寒いですけど、頑張って換気をしましょう。
我が家では、換気ともらいものの布団乾燥機を毎日かけて、乾燥させています。

掛け布団は部屋の中でパタパタやるだけでも
かなりの量の湿気が飛びますので、
忙しい朝でも、パタパタだけはするようにしてください。

羽毛布団は、その名の通り、
元々は生き物についていたものなので、
自分自身の温度や湿度の調節が得意ですので、
忙しい人には羽毛布団がおすすめです。

何かの役に立てれば幸いです。


にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント


シンプルライフ ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。